大人の夏休みブログ

趣味と休みを楽しんで、人生を充実させたい20代のブログ

究極の節約自動車!4ナンバー軽自動車の魅力を全力で伝えてみる

スポンサーリンク

f:id:Gman_tk:20201022212815j:plain

ページをご覧いただきありがとうございます。

最近は車関係の節約に関する記事ばかり書いているGmanです。

軽自動車と言えば維持費の安さが大きな魅力ですよね!

最近はデザインや機能に磨きがかかり、ますます魅力的な車種が増えてきています。

ただ、それに伴い車体価格も上昇傾向となっています。

そんな中でも、シンプルさと実用性に特化した、安価に手に入る軽自動車も存在しています。

今回の記事では、そんな4ナンバー軽自動車について解説してみようと思います。

とにかく安く移動の足を手に入れたい方は必見です!

そもそも4ナンバーとは?

自動車は、大きさや用途などで3ナンバー・5ナンバー等分類訳されています。

ナンバープレートの地名のあとの3桁の数字(練馬500であれば5)が、何ナンバーの車種かを表しています。

4ナンバーと言うのは小型貨物自動車という分類です。

普通車にも4ナンバーの車は存在しますが、今回は4ナンバーサイズの軽自動車について解説します。

4ナンバー軽自動車の種類とメリット

4ナンバーの軽自動車は大まかに以下の3種類に分けられます。

  • 軽トラック(キャリィ・ハイゼットトラック等)
  • 軽バン(エブリィ・ハイゼットカーゴ・N-VAN等)
  • 軽ボンネットバン(アルト・ミラ・ミニカ等)

それぞれに特徴がありますが、共通するのはシンプルな装備で車両価格が安いこと。

また、小型貨物自動車と言われるだけあり荷物も多く乗せられるのも特徴です。

車両価格の安さは軽ボンネットバン、荷物の積載量では軽バンや軽トラックが有利だと言えるでしょう。

需要の違いなのか、中古市場では軽ボンネットバンは軽トラックや軽バンに比べてかなり安く販売されています。

100万円切りの新車価格

「安く車を買う」という事を主軸に考えると、軽ボンネットバンは文字通り「ケタ違い」の安さを誇ります。

新車の車両本体はなんと73万7千円から!

パワーウィンドウすら付いていない、自動車として必要なもの以外は全てそぎ落としたとでも言わんばかりの装備ですが、この価格であれば納得です。

その安さは中古車でも同様で、3万キロ程度の走行距離のアルト・ミラ・ミニカは車の質にもよりますが20~50万円ほどで販売されています。

維持費が安い

4ナンバーの車は無駄な装備が搭載されていない分軽く、結果的に燃費が良い車が多いです。

走行状況によるとは思いますが、実燃費はアルトで19~25km/Lエブリィで13~20km/Lほど走るようです。

ハイブリッドでなくともリッター20キロ前後の燃費なのはかなり経済的。

また、燃費以外にも

  • 税金は年間5000円
  • タイヤは4本10000円程度

など、普通車の4分の1程度の金額で収まってしまいます。

4ナンバーのデメリット

あくまでも商用車ベースで作られた車なので、当然普段使いの中では乗用車に劣る面が出てきます。

簡単にまとめると

  • 初回車検が納車2年後(通常の軽自動車は初回車検は3年後)
  • 乗り心地が良くない
  • オシャレさ、便利な機能が無い
  • パワーが無い

といったデメリットが上げられます。

荷物の重量に耐えるため乗り心地は固く、ターボ仕様も無いため比較的非力な車種が多いです。

商用ベースであることから色もシンプルなものばかりで、オートヘッドライト等の便利機能も基本的にはありません。

シンプルでオシャレさとは無縁な車種が多い中、ホンダのN-VAN個性を持った貨物自動車として軽貨物の世界に現れたのは記憶に新しいです。

商用車にも個性的な車が増える時代が来るかもしれませんね。

まとめ:人によっては最高の足になる4ナンバー軽自動車

4ナンバー軽自動車のメリット・デメリットを紹介してきました。

お金の面では圧倒的に有利になるものの、安い分快適さやデザイン性は犠牲になってしまう4ナンバー。

私が4ナンバーをオススメするのは

  • 細かいことは気にせず、とにかく安く移動手段を確保したい人
  • 既にメインの車を持っていて、セカンドカーとしての車が欲しい人

といった方です。

特に、「1台目のメインカーが大切で長く所有したい」「大型SUVを持っているものの通勤用に燃費の良い安い車が欲しい」等、セカンドカーとして安上がりな移動手段を確保したい方にオススメします。

念のため言っておくと、燃費が良く快適な車に長く乗るのが1番経済的であり、いくら中古で安かろうと2台の車を所有するのは結果的には安上がりだとは言えません。

しかしながら、大切な車を長持ちさせるために2台目の車を買うと言うのは決して悪い選択では無いと思います。

維持費に悩むこともあるかと思いますが、賢く節約して楽しいカーライフを送りましょう!