大人の夏休みブログ

趣味と休みを楽しんで、人生を充実させたい20代のブログ

アラサーが20代でやって良かった事6選!充実した毎日を過ごすためにやったことまとめ

スポンサーリンク

f:id:Gman_tk:20201024141115j:plain

社会に出て働き始めたり、人によっては転職や結婚等、人生が大きく変化する年代です。

20代後半になるにつれて自分の将来について色々と本格的に考え始める人も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、もうじき30代に突入する筆者が20代でやって良かった事、自分にとってプラスになったことをまとめようと思います。

趣味を増やした

趣味を増やすことによって、休日を無駄にしてしまうのを防ぐことが出来ます。

より多くの休日を「ただなんとなくのんびり過ごす1日」から、「好きなことを楽しむ1日」に変えることが出来るのです!

趣味が増えると、比例して空いた時間の使い道も増えていきます。

「せっかく休日なのに何もしなくて無駄にしちゃったな~」

なんて思う休日を減らすことができますよ!

更に、色々なことに興味を持って趣味を増やしていくにつれて、より多くの事に興味が沸いたり、初めてのことでも楽しめるようになってきます。

「のんびり過ごす休日」も大切ですが、せっかくの休日は充実させていきたいですよね!

勉強して知識を日常で活かした

仕事に活かせそうなことやお金のこと、自分の興味のある分野など何でも良いので勉強しておくと活かせるタイミングがどこかでやって着ます。

特にビジネス書や自己啓発本、心理学の本から得られる知識は日ごろの悩みを自力で解決できるようになるのでオススメです。

またコミュニケーション力アップにも活かせるため、友達・恋人作りにも活かせます!

更には自分の知識を使って人助けが出来るようにもなるので、人から感謝されるようになります

知識が増えれば自然とものの考え方、見え方が豊かになり、より充実した日々を送れるでしょう。

知識が増えたという充実感そのものも自信へと繋がっていくのでおすすめですよ!

勉強すると自分のためだけでなく、続ければ人の役にも立てるようになっていきます!

過去に書いたオススメの本のまとめ記事も、良ければご覧ください!

gman-natsuyasumi.hatenablog.com

転職した

おそらくほとんどの人は、転職を考えた事が有るのではないでしょうか?

完璧な仕事と言うのは存在しないかもしれませんが、納得できる仕事に出会えると仕事が単なる苦痛でなくなり、楽しめるようになっていきます。

多くの職場環境を知ると、自分自身を何に活かせるのか?自分はどんな風に仕事がしたいのか?が見えてきます。

一度転職すれば、「転職はいけないことである」という認識もなくなります。

「好きなことを仕事にする」のと「仕事を好きになれる」は全く別物であって、やりたい仕事であれば自分の力を発揮できるとは限りません。(私が実際そうでした)

転職すれば人間関係・業務内容・職場の空気など全てが変わります。

今の職場で働き続けることに疑問が有るのなら、転職を検討しても良いかも知れません。

転職は闇雲にするのではなく、転職で「何を得たいか」目的を明確にしてチャレンジしましょう!

人付き合いの幅を広げた

仲の良い友人と集まるのは楽しいですが、あえて新たな人間関係を開拓すると、今までに無い刺激を受けられます。

その中で自分の理想像が見つかったり、新しい趣味が出来たり、それまでと違ったタイプの友人が出来ます。

スポーツなどの様々なイベントから街コンまで、仕事も性格も多種多様な人たちとの出会いは自分の人生の幅まで広げてくれます!

昔からの友人との時間、新たな友人との時間、自分の時間をバランスよく確保したいですね!

一人暮らしを始めた

一人暮らしをすると、当然ながら自分の身の回りのことは自分でやるしかありません。

必然的に自立した生活ができるようになります。

更に、友達を呼んで夜中までスマブラをする等、子供の頃に考えたような楽しい時間を作ることも出来ます。

一人暮らしをすれば、自分の好きなように時間を使えるようになります。

自分の責任で時間をコントロールできるので、自己責任という部分も含めて「自由」を手にすることが出来ます。

家事がどれだけ大変なのか、実家を出るといくらくらいお金がかかるのかがリアルに分かるため、将来を考えての一人暮らしは学べることが多いですよ!

実家に比べてお金が貯めづらくなりますが、その分学べることも多く有ります!まずは家賃を調べてみるだけでもイメージが沸くかもしれませんね!

お金について学んだ(浪費・節約の両方をした)

お金について学ぶと、自分が何にお金を使うと一番幸せなのか深く考えられるようになり、自分にとって価値のあるお金の使い方が出来るようになります。

お金を学んだとは言っても、本格的に経済学を学んだというわけではありません。

もっと簡単に、将来に向けていくらくらいのお金を貯めていけばいいのか、お金の貯め方を学んだ程度です。

20代は社会に出たこともあり、金銭感覚も大きく変わります。

使える金額が多くなったことで、ついつい衝動買い衝動買いしてしまうことも有りました。

お金の勉強をして、本当に自分が充実するのは高価な衝動買いではないこと、小額でも自分が本当に満足できる買い物がある事に気付いてからは金銭感覚が変化しました。

調子に乗って浪費→節約のサイクルを何度も繰り返しましたが、もっと早くお金について学んでおけばよかったとさえ思っています。

節約についても記事を書いているので、よろしければこちらもご覧ください!

gman-natsuyasumi.com

まとめ

あくまで個人の考えではありますが、20代でやってよかったと思えることをまとめてみました。

迷ったり面倒に感じることもあるとは思いますが、1歩踏み出せばそれまでとは違った未来が待っています。

念のためですが、「俺のやったことが最高!」なんて言うつもりはありません。

より良い人生にするため、まだまだ勉強している真っ最中です。

ガンジーの言葉で「明日死ぬと思って生きなさい、永遠に生きると思って学びなさい」という言葉があります。

毎日死ぬ気で生きるのは大変ですが、それでも後悔はしないような毎日を過ごしたいですよね。

新しい世界に飛び込むのは面倒だったり勇気が要る反面、必ず何か得られるものがあります。

一日一日を大切にして、一緒に充実した日々を目指していきましょう!